肩こりでお悩みの方へ

肩こりによくある症状

  • 常に肩まわりが張っている

  • 肩こりがきつくなると頭痛もしてくる

  • 最近目の疲れが取れにくい

  • 肩こりを自分でも改善したい

長年のつらい肩こり、あきらめていませんか

肩こりは慢性化しやすく、多くの方を悩ませる症状の一つとされています。

一時的に痛みを感じる常に重だるいなど、その症状は人それぞれにあるものではないでしょうか。

 

このページでは、なぜ肩こりが起こってしまうのか、

その原因と対策について詳細にまとめてあります。

 

なかなか改善しない肩こりでお悩みの方は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

肩こり改善メニュー Recommend Menu

肩こりを引き起こす主な原因について

肩こりになる主な原因としては、首や肩まわりの筋緊張、循環不足が挙げられます。

血流が悪くなると、こり感の原因となる老廃物が蓄積しやすくなることが原因の一つとも考えられます。

それでは日常生活において、首肩が緊張してしまう要因は何があるのでしょうか。

 

【肩こりの原因】

 

・不良姿勢

背骨は本来、S字状に湾曲していることにより、重たい頭を骨格で支えています。
しかし、背中の丸まった姿勢(猫背)では背骨の湾曲が消失しているため、首肩まわりの筋肉に負担がかかりやすくなります。

 

・長時間の同じ姿勢

デスクワークでのパソコン作業スマホの操作など長時間身体を動かさない場合、姿勢維持のために筋緊張が強まりやすくなります。

 

・運動不足・筋力低下

運動不足で筋力が低下している場合、筋ポンプ作用が十分に働かないために身体の循環が悪くなりやすいです。
また、筋力が低下すると骨格(骨盤)を支える力が弱いため、姿勢が崩れやすくなります。

 

・身体の使い方の間違い

身体の使い方に左右差があると、いつも使っている側の首や肩が緊張し肩こりに繋がってくると考えられます。
また、固まった筋肉をストレッチ体操でほぐすような、セルフケアをしていない場合も筋緊張が残りやすくなります

 

・生まれつきの骨格

頭が大きく肩幅が狭い日本人特有の骨格をしている場合、肩まわりの筋肉量が少ないため肩こりになりやすいと考えられます。

 

・眼精疲労

パソコンやスマホの画面を注視することで目の周りが緊張し、結果として首肩周りの筋緊張にも広がってくると考えられます。

 

・低血圧

低血圧は、血流量も少なく身体も冷えやすいことから肩こりに繋がりやすいです。
反対に高血圧の方も、交感神経の興奮から身体が緊張しやすいと言えます。

 

・過度なストレス

仕事や人間関係など日常生活でストレスがたまっている場合、自律神経が乱れやすくなります。
交感神経が過剰に興奮することで身体全体が緊張し、肩こりに繋がってきます。

肩こり改善のために日常生活で簡単にできること

肩こりになる主な原因として普段の運動不足セルフケア不足ストレスなどが挙げられます。

その点を考慮に入れ、「日常生活で行える肩こり対策」をご紹介していきます。

簡単にできるものばかりになっていますので、ぜひ実践してみてください。

 

 

【日常生活で簡単できる予防方法】

 

<ストレッチ>

肩こりの改善には、僧帽筋と肩甲骨まわりのストレッチが効果的です。

・僧帽筋のストレッチ

右手を頭の上に載せます。
頭を手の重さで軽く右に倒すと、左側の首から肩にかけて(僧帽筋)がストレッチされていきます。

しっかり呼吸をしながら、左右バランスよく伸ばしましょう。(硬い方を長めに伸ばしても大丈夫です)

・肩甲骨のストレッチ

背中を伸ばし、手のひらを上にして背中側で指を組みます。
頭を後ろに倒し、息を吐きながら腕を後ろに引いていきます(肩甲骨を内側に寄せる感じです)

肩甲骨とともに、猫背の原因となる首の前側の筋肉も伸ばすことができます

 

・目元を温める

蒸しタオルを目の上に乗せて、目の周りを温めましょう。
眼精疲労の回復とともにリラックス効果もあるため、寝る前に行うと睡眠の質の向上を図れます。

 

・適度な運動(ウォーキング)

全身の血流改善のために、適度な全身運動を行いましょう。

特にウォーキングがお手軽で、肘を90度に曲げて前後に大きく振ることにより、肩甲骨周りを大きく動かすことができます。

 

・姿勢の改善

背中の丸まった姿勢では、首肩まわりが緊張しやすくなります。
肩甲骨の上に頭を乗せるようなイメージで、背中を伸ばした姿勢を普段から心がけましょう。
上述した肩甲骨のストレッチを行うと、自然と背中が伸ばしやすくなります。

 

・規則正しい生活を送る

生活リズムの狂いは自律神経の乱れを生みやすくなります。
起きる時間、寝る時間を一定にして規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

ジェッツ北習整骨院の【肩こり】アプローチ方法

肩こりは、長い時間のデスクワークや不良姿勢が続くことにより筋肉の緊張が強くなり酸素欠乏となることで起こります。
そのため、カウンセリングにより日常生活や姿勢について細かく分析し、「骨格矯正」「姿勢矯正」を行います。

また、自律神経の乱れや、内臓系の不調も首周りに緊張をもたらすため、そのような症状がある方には「自律神経調整」も合わせて行います。
姿勢の調整や矯正は患者さんお一人お一人の症状と照らし合わせ、必要なことを行なっていきます。

姿勢調整を行ったあとで、すぐに不良姿勢となってしまい、維持をしづらい方には「楽トレ」を使うことにより、体幹からの安定が目指すことができます。
また、姿勢の維持ができるようにトレーニングセルフケアのアドバイスを行います。

 

 

【肩こりに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を身体に流し、ピンポイントで痛みの原因となっている深部にアプローチができる施術法です。
痛みを早く取り除きたい症状から慢性症状まで幅広く活用できます。
痛みの原因がわかるだけでなく、筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑える作用が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

特定の部位を押圧刺激を加えることにより、体調や諸症状の改善を図る施術です。
施術後も症状の軽減を維持する為に、パイオネクスゼロというステンレスの突起の着いたテープを貼り持続した押圧刺激を加えることもあります。

 

■テーピング

日常生活やスポーツの場面における関節や筋肉のサポートを行います。
また、筋肉の補助・サポートだけでなくお身体の状態にあわせてバランスを整えるテーピングや腫れをひかせるためのテープも貼ることができます。

 

■骨格矯正

慢性的に肩こりや腰痛に悩んでいる方でも、筋肉を緩めて終わりではなく、骨格を整えることによって安定して筋肉を使えるようになります。
お身体の状態に合わせて骨盤や脊柱等に直接アプローチを行い、骨格を正常な位置へ戻すことにより筋肉や神経にかかる余分な負荷を減らすことを目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜に対して特殊な器具を用いてストレッチをかけることにより、組織に加わっている余分な圧力を抜き、体液循環を促す効果が期待できます。
圧力を抜くことにより、痛みが抜けやすく可動域を広げることが望めます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

頸から肩周りの筋肉をゆるめ、頭蓋からの調整を行うことにより、頭痛症状や眼精疲労、自律神経系の症状の緩和を図る施術となります。
デスクワークをされている方や、季節の変わり目に調子を崩しやすい方にオススメです。

 

■カッピング

真空状態のカップを皮膚に直接当てて吸い上げることにより、慢性的な肩こり、腰痛、むくみ、冷えの改善に効果が期待できます。
他の施術とは違い、身体の表面から外へ向かっての刺激を加えているのも特徴の一つです。

 

■温熱療法

硬くなることによって動きが悪くなってしまった関節や血液循環が悪くなっている筋肉に対して温熱を加えることにより疼痛の緩和や筋緊張の改善を目指します。
炎症症状が落ち着いたケガに関しては温熱を加え、組織の代謝と回復を促します。

著者 Writer

著者画像
院長:黒須龍之介(クロスリュウノスケ)
出身地:北海道函館市
生年月日:平成8年2月13日
趣味:休日は野球をしています!
【患者さんに一言】
今を良くして10年後を元気に過ごしましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ北習整骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-49-15
最寄:北習志野駅から徒歩5分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中