原因不明の痛み・しびれ
(首・肩・腕)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)によくある症状

  • 肩こりがきつくなると手がしびれてくることがある

  • 冷えると指先がしびれてしまう

  • しびれで指に力が入りにくい時がある

  • 腕のしびれが気になる

しびれの原因を知って正しく対処していきましょう

首から肩、指先にかけてのしびれ、どこが原因となって起こる症状かご存知でしょうか。

これらの症状は原因をみつけ、適切な対処を行うことで改善が期待できます。

 

そのためには「どこで神経圧迫が起きているのか」
きちんと理解しておくことが大切です。

 

こちらのページでは手のしびれの原因と対策について詳しくまとめてあります。
ぜひ、最後までご覧になってみてください。

原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)
改善メニュー Recommend Menu

首から肩、腕にかけてしびれてしまう原因

症状の改善を目指すには、まずは原因をしっかり把握することが重要です。

どのようにして「しびれ」は生じているのでしょうか。

特に首から肩、手にかけてのしびれの場合は「首」に原因がある可能性もあります。

 

【しびれの原因】

 

・首まわりの筋緊張

頸髄から出た抹消神経の束は「腕神経叢」として、首の前、鎖骨下を通って指先へと走っています。
首まわりの筋肉が緊張して腕神経叢を圧迫している場合、肩から手にかけてのしびれの原因になってきます。

首肩が緊張してしまう要因としては、「不良姿勢(猫背)」「長時間の同じ姿勢」「運動不足」などが挙げられます。
※首から肩、背中、腕にかけての痛みや感覚異常の総称を「頸肩腕症候群」と呼びます。

 

・頚椎椎間板ヘルニア

椎間板が後方に飛び出し、背骨周辺の神経を圧迫したものになります。
下を向いた姿勢が多い方に発症しやすくなっています。

 

・頚椎症

背骨の変性(頚椎のずれ、靭帯の肥厚など)によって神経を圧迫したものになります。
手のしびれを始め、症状が悪化すると痛みや運動障害にまで繋がってくるおそれもあります。
加齢によって頚椎が変性しやすくなるため、主に中高年に発症すると言われています。

 

・ホルモンバランスの崩れ

妊娠出産更年期などで女性ホルモンのバランスが崩れると、手にしびれを生じることがあります。
手根管症候群と呼ばれ、親指、人差し指、中指のピリピリとしたしびれが特徴です。

 

・内臓の不調

心臓の病気(心筋梗塞、狭心症など)がある場合、左の背中から肩にかけてのしびれを生じる場合があります。
また、脳血管障害の場合は肩、腕だけではなく、身体の半分側がしびれてしまうことがあります。

日常生活で簡単にできる首〜手にかけてのしびれ対策

首から肩、手にかけてのしびれの原因は主に「筋緊張」「内臓の不調」が挙げられます。
それでは具体的に、どのようなしびれ対策があるのでしょうか。

日常生活で簡単にできる対処法、予防法についてご紹介していきます。

 

【日常生活で簡単できる対処・予防方法】

 

・ストレッチ

日常的にストレッチを行い、首肩まわりの筋肉を柔らかくしておきましょう
※ストレッチでしびれが増すようであれば控えてください。

 

<首のストレッチ>

 首を横に倒しやや後方に傾けることで、顎から鎖骨の間をゆっくり伸ばしましょう。
頭の上に手を置き、手の重みを利用して伸ばすイメージです。

 

<肩甲骨のストレッチ>

手のひらを上にして、背中側で指を組みます。
頭を後方に倒し、肘を伸ばしたまま腕を後ろに引くことで、肩甲骨まわりのストレッチができます。
猫背の改善にも効果的なストレッチです。

・姿勢の改善

背中の丸まった姿勢は、首まわりの筋緊張を強めてしまいます。
肩甲骨の上に頭を乗せるような、背中の伸びた姿勢を普段から心がけましょう

背中が固まっている場合は、上記の肩甲骨ストレッチが効果的です。

 

・入浴

湯船に浸かって身体を温めることで、筋緊張の緩和を期待できます。
ぬるめのお湯にゆっくり時間をかけて浸かるようにしましょう。

 

・適度な運動

日常的にウォーキング水泳サイクリングなど適度な全身運動を行い、身体の血流をよくしておきましょう。
ストレスの解消にもなります。

 

・身体を冷やさないようにする

身体の冷えは筋緊張に繋がりやすくなります。
特に冬場は衣服や暖房を調節し、身体が冷えないように注意しましょう。


・内臓の負担を減らす

内臓の疲労はしびれや肩周辺の緊張にもつながる可能性があります。
・常温のお水、白湯で水分をこまめに摂取する
・お酒や甘いものを控える
・栄養バランスの整った食事を摂る
といった、内臓に負担がかかりにくい生活習慣を心がけましょう。

 

ジェッツ北習整骨院の【原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)】アプローチ方法

原因がわからない首から腕にかけての痛みやしびれの場合、胸郭出口症候群頸椎症などの可能性もあります。
そのため、カウンセリングや徒手検査によりどこの筋肉が悪くなっているのか、どの関節に負担がかかっているのかをみていきます

症状によってアプローチ方法も異なりますが、「ハイボルト療法」「骨格矯正」を中心に行い、関節や筋肉にかかる負荷を減らしていきます。

もともと猫背が強く出てる方は頸部の位置によって、神経根に圧迫がかかりしびれてるケースもあるので、頸椎の調整だけでなく前面のアプローチも行います。

原因がよくわからないけど、しびれが出始めたなと思ったらそのままにしたりせず、まずはご相談ください。

 

【原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を身体に流し、ピンポイントで痛みの原因となっている深部にアプローチができる施術法です。
痛みを早く取り除きたい症状から慢性症状まで幅広く活用できます。
痛みの原因がわかるだけでなく、筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑える作用が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

特定の部位を押圧刺激を加えることにより、体調や諸症状の改善を図る施術です。
施術後も症状の軽減を維持する為に、パイオネクスゼロというステンレスの突起の着いたテープを貼り持続した押圧刺激を加えることもあります。

 

■テーピング

日常生活やスポーツの場面における関節や筋肉のサポートを行います。
また、筋肉の補助・サポートだけでなくお身体の状態にあわせてバランスを整えるテーピングや腫れをひかせるためのテープも貼ることができます。

 

■骨格矯正

慢性的に肩こりや腰痛に悩んでいる方でも、筋肉を緩めて終わりではなく、骨格を整えることによって安定して筋肉を使えるようになります。
お身体の状態に合わせて骨盤や脊柱等に直接アプローチを行い、骨格を正常な位置へ戻すことにより筋肉や神経にかかる余分な負荷を減らすことを目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜に対して特殊な器具を用いてストレッチをかけることにより、組織に加わっている余分な圧力を抜き、体液循環を促す効果が期待できます。
圧力を抜くことにより、痛みが抜けやすく可動域を広げることが望めます。

■温熱療法

硬くなることによって動きが悪くなってしまった関節や血液循環が悪くなっている筋肉に対して温熱を加えることにより疼痛の緩和や筋緊張の改善を目指します。
炎症症状が落ち着いたケガに関しては温熱を加え、組織の代謝と回復を促します。

著者 Writer

著者画像
院長:黒須龍之介(クロスリュウノスケ)
出身地:北海道函館市
生年月日:平成8年2月13日
趣味:休日は野球をしています!
【患者さんに一言】
今を良くして10年後を元気に過ごしましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ北習整骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-49-15
最寄:北習志野駅から徒歩5分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中