膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 膝が痛くて正座ができない

  • 歩き始めに膝の痛みがある

  • 膝の変形が進行してきている

  • 膝の痛みを自分でもケアしていきたい

膝の痛みに適切なケアを行っていきましょう

加齢やケガ、使いすぎによって、膝の痛みは幅広い年代で起こる可能性があります。


膝は身体を支える重要な関節になるため、
他の箇所に影響が出ないよう早めに対処していくことが大切です。


こちらのページでは膝痛の原因と対策についてわかりやすくまとめてありますので、
ぜひ最後までご覧になってみてください。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝に痛みが生じる原因について

膝は体重を支える重要な役割があり、歩く、立ち上がるといった日常動作で常に負担がかかっている関節になります。

長年の使用から中高年に痛みを発症しやすくなっていますが、若い方でもスポーツによる使いすぎやケガによって痛みを生じる可能性はあります。

こちらでは、膝痛に対する適切なケアを行っていくためにも、まずは「膝が痛くなる原因」について詳しくみていきましょう。

 

【膝に痛みが生じる原因】

 

・変形性膝関節症

関節面を覆っている関節軟骨がすり減り、骨同士が直接衝突することで関節内に炎症を起こしたものになります。
加齢によって軟骨の弾力性が低下するため、中高年に発症しやすいといわれています。

長年の使用に加えて、「体重の急な増加」「大腿部の柔軟性の低下」も膝関節に負担のかかる要因になります。

 

・関節リウマチ

自己免疫疾患の一つで、関節破壊によって炎症を起こした症状になります。
手や足の指のような小さい関節に起こりやすいのですが、膝にまで炎症が及ぶと膝の痛みに繋がってきます。
関節リウマチは中年期の女性に発症しやすいとされています。

 

・膝まわりのケガ(スポーツによる使いすぎ)

「半月板損傷」「膝関節靭帯損傷」といった、膝周辺のケガによって痛みを生じることがあります。
スポーツや日常生活での転倒、転落によって膝に強い負荷が加わった際に起こりやすくなっています。

また、成長期によくみられるジャンパー膝(バスケやバレーボールなどジャンプ動作の繰り返しで、膝蓋靭帯に炎症を起こしたもの)では、膝のお皿の下あたりに痛みを生じることがあります。

その他、ランニングによる「腸脛靭帯炎(ランナー膝)」では、膝の外側に痛みを生じやすくなっています。

膝の痛みを悪化させないための対策・予防方法

膝関節の痛みは、加齢によるものや病気、ケガによる場合が多くみられます。

早期改善のためには、症状や原因に合わせた対処を行っていくことが重要です。

こちらでは、日常で行える膝の痛みの対策、予防方法について詳しくご紹介していきます。

 

【各症状における予防方法】

 

・変形性膝関節症

痛みと炎症(熱感)が強い場合は無理に動かさず、湿布を貼ったり、氷水で冷やしたりして炎症を抑えるようにしましょう。

しかし、関節の潤滑が悪くなるため、安静にしすぎるのもよくありません。
※膝は荷重を加えることで、滑膜から軟骨の栄養素となる「滑液」が分泌されます。
痛みの様子をみながらできる範囲で歩き、膝を曲げ伸ばしする体操を行うようにしましょう(痛みが強い場合は休んでください)

・膝の負担を減らす対策

臀部(お尻)、大腿部(太もも)の筋肉が緊張している場合、膝への負担が増えてしまいます。

日常的にお尻と太もものストレッチを行い、股関節、膝まわりの柔軟性をつけておくようにしましょう。
また、膝の負担を減らすためには減量することも大切です。

 

・関節リウマチ

関節リウマチは病気になりますので、薬による治療が中心になります。
関節破壊が進む前の、なるべく早い段階で医療機関に行くことをおすすめします。(朝の手足のこわばり、微熱などが初期症状です)

薬で炎症を抑えつつ、ストレッチや体操で関節がこわばらないようにしましょう。

 

・スポーツによるケガ

受傷直後は、患部を冷却したり、湿布を貼ったりすることで炎症を抑えるようにしましょう。
サポーターや包帯によって患部を固定し安静にします。

そして、炎症や痛みの様子をみながら徐々にストレッチ体操によって膝まわりを動かし、スポーツへと復帰していきます。

「ジャンパー膝」「ランナー膝」使いすぎによって発生していますので、運動量を減らすことが大切です。
運動や仕事で膝を使う場合、サポーターやテーピングによって膝を保護しておくと膝痛の予防になります。

ジェッツ北習整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

膝の痛み方はさまざまにあります。

スポーツによる急激な負荷や外力、使いすぎによる痛み。
子どもの成長期に筋肉と骨のバランスが崩れることで起こる痛み

体重増加筋力低下関節の変形によって引き起こされる痛みなどさまざまです。
そのため、カウンセリングによる痛みのある場所の特定、エコーや理学検査における疼痛部位の判断を行います。

痛みが強く炎症がある場合には「ハイボルト療法」を使い疼痛のコントロールを行います。

また、膝の痛みは膝の周囲の筋肉や、軟部組織だけでなく股関節・骨盤周囲のインナーマッスル系が痛みに関与している場合もありますので深層筋をアプローチしたり、必要に応じて「楽トレ」を組み合わせて疼痛の軽減と筋力強化を行います。

 

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を身体に流し、ピンポイントで痛みの原因となっている深部にアプローチができる施術法です。
痛みを早く取り除きたい症状から慢性症状まで幅広く活用できます。
痛みの原因がわかるだけでなく、筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑える作用が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

特定の部位を押圧刺激を加えることにより、体調や諸症状の改善を図る施術です。
施術後も症状の軽減を維持する為に、パイオネクスゼロというステンレスの突起の着いたテープを貼り持続した押圧刺激を加えることもあります。

 

■テーピング

日常生活やスポーツの場面における関節や筋肉のサポートを行います。
また、筋肉の補助・サポートだけでなくお身体の状態にあわせてバランスを整えるテーピングや腫れをひかせるためのテープも貼ることができます。

 

■骨格矯正

慢性的に肩こりや腰痛に悩んでいる方でも、筋肉を緩めて終わりではなく、骨格を整えることによって安定して筋肉を使えるようになります。
お身体の状態に合わせて骨盤や脊柱等に直接アプローチを行い、骨格を正常な位置へ戻すことにより筋肉や神経にかかる余分な負荷を減らすことを目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜に対して特殊な器具を用いてストレッチをかけることにより、組織に加わっている余分な圧力を抜き、体液循環を促す効果が期待できます。
圧力を抜くことにより、痛みが抜けやすく可動域を広げることが望めます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足からふくらはぎ、膝の裏にかけての老廃物の排出を行い、むくみ・冷えの改善だけでなく、重心バランスや足首のズレの改善を目指し、腰の痛みの予防も行います。
座っている時間の多い方、冷え性・むくみやすい方におすすめです。

 

■カッピング

真空状態のカップを皮膚に直接当てて吸い上げることにより、慢性的な肩こり、腰痛、むくみ、冷えの改善に効果が期待できます。
他の施術とは違い、身体の表面から外へ向かっての刺激を加えているのも特徴の一つです。

■温熱療法

硬くなることによって動きが悪くなってしまった関節や血液循環が悪くなっている筋肉に対して温熱を加えることにより疼痛の緩和や筋緊張の改善を目指します。
炎症症状が落ち着いたケガに関しては温熱を加え、組織の代謝と回復を促します。

著者 Writer

著者画像
院長:黒須龍之介(クロスリュウノスケ)
出身地:北海道函館市
生年月日:平成8年2月13日
趣味:休日は野球をしています!
【患者さんに一言】
今を良くして10年後を元気に過ごしましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ北習整骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-49-15
最寄:北習志野駅から徒歩5分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中