打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • 浴室で転倒し腕を強打して
    しまった

  • ラグビーで相手選手と衝突し太ももを打撲した

  • 指をぶつけたあと、紫色に
    腫れた

  • 打撲による痛みがつらい

打撲は軽視せず適切な処置をしましょう

打撲は日常生活でも多く起こるケガになります。

あなたもこれまでに打撲(打ち身)を経験されたことがあるのではないでしょうか。

 

身近なゆえに軽視される方も多くいらっしゃいますが、

程度によっては症状が残る場合もありますので、適切に処置していくことが重要です。

 

こちらのページでは、打撲の原因や症状、対策について詳しくまとめてあります。

打撲改善メニュー Recommend Menu

打撲の主な症状と原因について

打撲は身体の一部を強打することで、血管や筋(骨)といった皮下組織を損傷してしまうケガになります。

日常でも身近に発生する症状にはなりますが、程度によっては痛みや運動制限を残すおそれもありますので、油断は禁物です。
こちらでは、打撲の症状や原因について詳しくみていきましょう。

 

【打撲の症状】

 

打撲の主な症状としては、次のことが挙げられます。

 

・疼痛

打撲した箇所の周辺に鈍痛(自発痛、圧痛)がみられます。

 

・腫脹

血管の損傷によって内出血を起こし、患部が紫色に腫れてきます。
受傷直後は特に症状がみられなくても、時間が経ってから腫脹と痛みが出てくるケースが多くなっています

 

・機能障害

痛みによって運動に制限が出る場合があります。
筋(骨)の損傷が激しい場合(筋挫傷)や、関節付近を強く打撲した場合は運動制限が顕著にみられます

 

 

【打撲の原因】

 

打撲を起こす主な要因としては、スポーツでの転倒、衝突が挙げられます。

・ラグビー、アメフトなどコンタクトスポーツでの激しい衝突
・サッカー、スキーなどの転倒
・野球のデットボール
・格闘技での打撃
など。

 

また、打撲はスポーツ現場だけではなく、日常生活でもよく起こるケガになります。

・濡れた床でのスリップ、段差のつまづきなどによる転倒
・交通事故
・高所からの転落
・重たいものの落下
・タンスの角に足をぶつける
・突き指
など。

打撲した際の対処法と日常でできる予防方法

スポーツや日常生活で身体を強くぶつけた場合、どのような対処することが適切なのでしょうか。

打撲は腫れや痛みが遅れて出てきやすく、早期回復を目指すためには早期対処が重要です。

こちらでは、急性の外傷に効果的な「RICE処置」を中心に、日常でもできる打撲対策について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

急性の外傷(ケガ)には、早急にRICE処置を行いましょう。

・Rest(安静)

組織の損傷を悪化させないためにも、患部を安静にします。
包帯やバンテージ、テーピングによって関節を固定する場合もあります。

・Icing(冷却)

内出血、腫脹を抑えるために、患部を袋に入った氷水アイスパックなどを使って冷却します。

・Compression(圧迫)

腫脹が広がらないように、患部を包帯バンテージテーピングによって圧迫します。

・Elevation(挙上)

内出血を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

程度の軽いものであれば問題ありませんが、痛みや腫れが強い場合は医療機関、接骨院、整骨院に行って適切な処置を受けるようにしましょう。

また、頭部の強い打撲は脳を損傷している可能性もありますので、意識障害や記憶障害などがみられる場合は早急に医療機関に送るようにしてください。

 

【日常で行える対策】

 

・テーピング

テーピングで患部を補強することで、ケガの再発予防ができます。
また、テーピングの圧迫によって痛みの緩和も期待できます。

 

・体幹、バランストレーニング

転倒によって打撲は起こりやすくなります。
体幹の筋力アップ片足立ちのバランストレーニングを行うことで、転倒しにくい身体作りをしていきましょう。

 

・防具を身につける

衝突や転倒の多いスポーツでは、ヘルメット、レガースといった防具を身につけることで打撲の予防ができます。

ジェッツ北習整骨院の【打撲】アプローチ方法

痛みや腫れを早くひかせるためにアイシング、組織回復を促すために圧迫固定を行います。

また、「超音波療法」を使うことにより、組織の回復をより高めることが期待できます。

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

スポーツの場面や日常生活におけるケガ(骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲)に関しては、健康保険を使って施術を行うことができます。
電気療法や温熱療法、ケガをした箇所の施術に関しましてはこちらの対応になります。

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を身体に流し、ピンポイントで痛みの原因となっている深部にアプローチができる施術法です。
痛みを早く取り除きたい症状から慢性症状まで幅広く活用できます。痛みの原因がわかるだけでなく、筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑える作用が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

特定の部位を押圧刺激を加えることにより、体調や諸症状の改善を図る施術です。
施術後も症状の軽減を維持する為に、パイオネクスゼロというステンレスの突起の着いたテープを貼り持続した押圧刺激を加えることもあります。

 

■テーピング

日常生活やスポーツの場面における関節や筋肉のサポートを行います。
また、筋肉の補助・サポートだけでなくお身体の状態にあわせてバランスを整えるテーピングや腫れをひかせるためのテープも貼ることができます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜に対して特殊な器具を用いてストレッチをかけることにより、組織に加わっている余分な圧力を抜き、体液循環を促す効果が期待できます。
圧力を抜くことにより、痛みが抜けやすく可動域を広げることが望めます。

 

■温熱療法

硬くなることによって動きが悪くなってしまった関節や血液循環が悪くなっている筋肉に対して温熱を加えることにより疼痛の緩和や筋緊張の改善を目指します。
炎症症状が落ち着いたケガに関しては温熱を加え、組織の代謝と回復を促します。

著者 Writer

著者画像
院長:黒須龍之介(クロスリュウノスケ)
出身地:北海道函館市
生年月日:平成8年2月13日
趣味:休日は野球をしています!
【患者さんに一言】
今を良くして10年後を元気に過ごしましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ北習整骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-49-15
最寄:北習志野駅から徒歩5分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中