スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • 相手選手と衝突し、太ももを打撲してしまった

  • 長距離走で足の骨が痛くなってきた

  • サッカーで転倒し足首を捻挫してしまった

  • 投球練習をしていると肘が痛くなった

スポーツでのケガをしっかり対処・予防していきましょう

スポーツ現場ではどれだけ気をつけていてもケガはしてしまうものです。

 

こちらではスポーツによるケガの原因と対処法について詳しくまとめてあります。

 

原因から考えられる、ケガの予防方法もご紹介していますので、

ぜひ最後までご覧になってみてください。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

スポーツによるケガの原因や症状について

スポーツによるケガには「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2種類あることをご存知でしょうか。

種類によって対策や予防法も変わってくるため、ケガが発生する原因をよく理解しておくことが大事です。

「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の違いをこちらでまずご確認ください。

 

【スポーツ外傷について】


スポーツ外傷は一度の大きな外力によって発生したケガになります。

・アメフト、ラグビーなどコンタクトスポーツでの衝突、転倒
・ジャンプの着地の失敗
・短距離走での瞬発的な筋収縮
など。

スポーツ外傷には、骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、腱断裂、打撲、創傷、神経損傷、血管損傷といったケガが挙げられます。

 

【スポーツ障害について】

 

スポーツ障害は、繰り返しの小さな外力によって発生したケガになります。
代表的なスポーツ障害としては次のものが挙げられます。

・足の疲労骨折、シンスプリント(長距離走、ジャンプ動作の繰り返し。幅広い年代に発症)
・ジャンパー膝(ジャンプ動作の繰り返し。子どもに発症しやすい)
・野球肩、野球肘(投球動作の繰り返し。子どもに発症しやすい)
・テニス肘(ラケットスポーツのスイング動作の繰り返し。中年以降の女性に発症しやすい)

 

【スポーツ障害が発生しやすい要因】


・オーバーユース(overuse)

同じ動作の過度な繰り返し。身体の使いすぎ。

・ミスユース(misuse)

身体の使い方の間違い。負担のかかりやすいフォーム。

・ディスユース(disuse)

ウォーミングアップ不足。身体が準備できていない状態で運動を始めること。

 


日常生活でも起るスポーツ外傷・スポーツ障害】

 

日常生活においてもスポーツ外傷・スポーツ障害は発生する可能性はあります。

・足場からの転落
・お風呂場での転倒
・資材の落下
・重量物の持ち上げ
・交通事故
・家事や仕事での手の使いすぎ
・仕事での長距離の歩行

などが挙げられます。

ケガを早期回復させるための対処法と日常でできる予防方法

スポーツ外傷、スポーツ障害が発生した場合、具体的にどのような対処をすればよいのでしょうか。

日常で行えるケガ予防方法と合わせて、こちらで詳しくご紹介していきます。

 

【急性の痛みにはRICE処置】

 

スポーツ外傷、スポーツ障害で痛みや腫れが出てしまった場合、素早くRICE処置を行いましょう。

・Rest(安静)

損傷を悪化させないように、患部を安静にしてなるべく動かさないようにします。
包帯、バンテージによって関節を固定する場合もあります。

・Icing(冷却)

内出血、腫脹を抑えるために、患部を冷却します。
氷水アイスパック保冷剤を使用し、直接ではなくタオル越しに当てて冷やします(冷やしすぎにはご注意ください)

・Compression(圧迫)

腫脹が広がらないように、患部を包帯バンテージテーピングによって圧迫します。

・Elevation(挙上)

内出血を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

RICE処置はあくまでも応急処置になります。
痛みや腫れが強い場合は、早めに医療機関、接骨院・整骨院に行って適切な処置を受けるようにしましょう。

 

【日常でできるケガの予防方法】

 

・運動を中止する

オーバーユースで痛めた場合は、痛みが出る動作を休止することが大切です。
特に子どもに発生するスポーツ障害は、変形や痛みが残る可能性があるため無理はしないようにしてください。

 

・テーピング

関節や筋肉をテーピングで保護することにより、ケガの予防になります。
患部を圧迫すると痛みが緩和することがあるため、どうしても試合に出ないといけない場合もテーピングは有効です。

しかし、損傷を悪化させないためにも、試合が終わりましたらしっかり安静にするようにしてください。

 

・フォームを見直す

痛みが出る→休む→痛みが出るを繰り返している場合、身体の使い方が間違っている可能性もあります。
コーチに相談、アドバイスをもらうことで、自分のフォームを一度見直してみましょう。

ジェッツ北習整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

スポーツによるケガに関しては、原則「RICE処置(現在ではPOLICEと呼ばれることもある)」を中心に、炎症症状の改善を図ります。

炎症が落ち着いて、ある程度の競技復帰の目処が立ったら運動時での疼痛誘発動作の確認を行い、その動きに対して「筋膜ストレッチ(リリース)」を行い、動作中の筋肉にかかる負担を逃して動かしやすさと疼痛の軽減を目指します。

また、スポーツの内容によっては、左右差がかなり出やすい場合もあるため「骨格矯正」をすることにより左右差の改善と筋肉にかかる余分なストレスの軽減を促します。

運動復帰後に同様に痛めたりすることがないよう、セルフケアと注意点のアドバイスもあわせて行っておりますので、疑問点やお悩みがあればお気軽に相談ください。

 

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

スポーツの場面や日常生活におけるケガ(骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲)に関しては、健康保険を使って施術を行うことができます。
電気療法や温熱療法、ケガをした箇所の施術に関しましてはこちらの対応になります。

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を身体に流し、ピンポイントで痛みの原因となっている深部にアプローチができる施術法です。
痛みを早く取り除きたい症状から慢性症状まで幅広く活用できます。
痛みの原因がわかるだけでなく、筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑える作用が期待できます。

 

■特殊固定具

骨折や重度の捻挫などをした際に、疼痛のある患部を動かさないように、支持・固定を行うものになります。
患部にあわせて形成をすることができるため、しっかりと安定した固定を行うことができます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

特定の部位を押圧刺激を加えることにより、体調や諸症状の改善を図る施術です。
施術後も症状の軽減を維持する為に、パイオネクスゼロというステンレスの突起の着いたテープを貼り持続した押圧刺激を加えることもあります。

 

■テーピング

日常生活やスポーツの場面における関節や筋肉のサポートを行います。
また、筋肉の補助・サポートだけでなくお身体の状態にあわせてバランスを整えるテーピングや腫れをひかせるためのテープも貼ることができます。

 

■骨格矯正

慢性的に肩こりや腰痛に悩んでいる方でも、筋肉を緩めて終わりではなく、骨格を整えることによって安定して筋肉を使えるようになります。
お身体の状態に合わせて骨盤や脊柱等に直接アプローチを行い、骨格を正常な位置へ戻すことにより筋肉や神経にかかる余分な負荷を減らすことを目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜に対して特殊な器具を用いてストレッチをかけることにより、組織に加わっている余分な圧力を抜き、体液循環を促す効果が期待できます。
圧力を抜くことにより、痛みが抜けやすく可動域を広げることが望めます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

頸から肩周りの筋肉をゆるめ、頭蓋からの調整を行うことにより、頭痛症状や眼精疲労、自律神経系の症状の緩和を図る施術となります。
デスクワークをされている方や、季節の変わり目に調子を崩しやすい方にオススメです。

【DPL】

足からふくらはぎ、膝の裏にかけての老廃物の排出を行い、むくみ・冷えの改善だけでなく、重心バランスや足首のズレの改善を目指し、腰の痛みの予防も行います。
座っている時間の多い方、冷え性・むくみやすい方におすすめです。

■温熱療法

硬くなることによって動きが悪くなってしまった関節や血液循環が悪くなっている筋肉に対して温熱を加えることにより疼痛の緩和や筋緊張の改善を目指します。
炎症症状が落ち着いたケガに関しては温熱を加え、組織の代謝と回復を促します。

著者 Writer

著者画像
院長:黒須龍之介(クロスリュウノスケ)
出身地:北海道函館市
生年月日:平成8年2月13日
趣味:休日は野球をしています!
【患者さんに一言】
今を良くして10年後を元気に過ごしましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ北習整骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-49-15
最寄:北習志野駅から徒歩5分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中