原因不明の痛み・しびれ
(足・足の裏)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)によくある症状

  • 腰痛だけではなく足もしびれてきた

  • 足裏がしびれて感覚も鈍い

  • お尻から太もも裏にかけて痛みとしびれがある

  • 足のしびれを自分でも改善していきたい

原因を知って「正しいしびれ対策」を行いましょう

お尻から太もも、ふくらはぎ、足裏にかけてのしびれ、

その主な原因は、普段の姿勢であったり、

日常の中のクセである場合が多いことをご存知でしたでしょうか。

 

しびれは身体の不調のサインとも言われ、

しっかりと原因を知り、日常的に対策を行うことが大切です。

 

こちらのページでは、足・足裏がしびれる原因と対策について詳しくまとめてあります。

原因不明の痛み・しびれ改善メニュー Recommend Menu

足のしびれや痛みを起こす主な原因について

足・足裏のしびれ、一体何が原因となって起こっている症状なのでしょうか。

立ち座りの際や歩行時に痛みやしびれがあると、日常生活を送る上で特に足のしびれは「腰部、骨盤」が原因になっている可能性が高いと言われています。

適切な対策をとっていくためにも、足・足裏がしびれてしまう原因についてこちらで詳しく確認していきましょう。

 

【足のしびれの原因】

 

・筋緊張

腰・骨盤周辺の筋緊張によって神経が圧迫され、足にしびれを生じる場合があります。
特にお尻から太もも裏、足裏にかけての痛み、しびれが生じたものを「坐骨神経痛」と呼びます。

坐骨神経痛は「お尻(梨状筋)」「太もも裏〜膝裏」にかけての筋緊張によって圧迫されやすくなっています。
また、骨盤のゆがみがあると姿勢が崩れ、腰部・骨盤まわりの緊張に繋がりやすいと言えます。

 

・骨格の問題

<腰椎椎間板ヘルニア>

椎間板が後方に飛び出し、背骨周辺の神経を圧迫したものになります。

<変形性股関節症>

股関節の変形によって鼠蹊部(足の付け根)の神経が圧迫される場合があります。

<扁平足、外反母趾>

アーチが潰れることで足裏の神経が圧迫され、しびれを生じる場合があります。

<足根菅症候群>

「関節リウマチによる関節破壊」「捻挫や骨折による足関節の変形」などで足根菅を通る神経が圧迫されたものになります。
また、腎機能障害で代謝が大きく落ち、足がむくむことによって足根菅が圧迫される場合もあります。

 

・循環不足

長時間の座位によって足に血栓(血の塊)ができる症状を「エコノミークラス症候群」と呼びます。
血管が閉塞されることで足の循環不足を起こし、むくみやしびれを生じる場合があります。

神経の圧迫だけではなく、血流量の低下も神経伝達の悪化を招き、しびれの原因となるケースがあります。

 

・内臓の問題

糖尿病内臓機能の低下によって、足にしびれを生じる場合があります。
また、脳血管障害(脳出血、脳梗塞)では、足だけではなく手のしびれも感じることがあります。

足・足裏のしびれを日常生活で改善する方法

足・足裏にしびれが生じる原因としては、主に「筋緊張」「循環不足」が挙げられます。
その点を考慮に入れ、日常生活では具体的にどのような対策ができるのでしょうか。

 

【日常生活で行える対策】

 

・ストレッチ

日常的にストレッチを行い、筋肉を柔らかくしておきましょう。
特に足のしびれについては、お尻や太もも裏のストレッチが効果的です。

 

・適度な運動

ウォーキングサイクリング水泳など適度な運動は全身の血流を改善し、筋緊張の緩和にも繋がってきます。
まずは10〜20分程度のウォーキングから始めてみましょう。

 

・入浴

湯船に浸かって身体を温めることにより、血流の改善と身体をリラックスして柔らかくする効果を期待できます。
少しぬるめのお湯に、時間をかけてゆっくりと浸かるようにしましょう。

 

・姿勢を正す

背中が丸まった姿勢だと、腰まわりの筋緊張が強まりやすくなります。
骨盤、一直線上に並ぶよう、背中を伸ばした姿勢を普段から意識しましょう。

 

・身体を冷やさないようにする

身体の冷えは、筋肉の緊張と循環不足を起こしやすくなります。
靴下やレッグウォーマーを履くなどして、足元が冷えないように気をつけましょう。


・先のとがった靴を履かない

ハイヒールやパンプスなど先のとがった靴を履いていると、扁平足外反母趾に繋がりやすくなります。
なるべくスニーカーを履くようにして、足に負担がかからないようにしましょう。

仕事でどうしてもハイヒールを履かないといけない場合、お風呂の中で足裏をセルフマッサージすることで外反母趾の予防になります。

ジェッツ北習整骨院の【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)】アプローチ方法

原因がわからない足の痛みやしびれに関しては、骨格の評価や痛み・しびれる動作を検査しながら確認をすることで、どこの筋肉が悪くなっているか、どの関節に負担がかかっているかの特定をしていきます。

しびれは片側に出ることが多いですが、両側にしびれが出る場合もあります。
症状によってアプローチの仕方もかわりますが、「ハイボルト療法」「骨格矯正」を行い筋肉にかかっているロックや微妙なずれによる神経系への負荷を減らします。

原因がわからないしびれや痛みは不安も大きくなりますので、しびれが出始めたなと思ったらそのままにしたりせずに、まずはご相談ください。

 

【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を身体に流し、ピンポイントで痛みの原因となっている深部にアプローチができる施術法です。
痛みを早く取り除きたい症状から慢性症状まで幅広く活用できます。
痛みの原因がわかるだけでなく、筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑える作用が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

特定の部位を押圧刺激を加えることにより、体調や諸症状の改善を図る施術です。
施術後も症状の軽減を維持する為に、パイオネクスゼロというステンレスの突起の着いたテープを貼り持続した押圧刺激を加えることもあります。

 

■テーピング

日常生活やスポーツの場面における関節や筋肉のサポートを行います。
また、筋肉の補助・サポートだけでなくお身体の状態にあわせてバランスを整えるテーピングや腫れをひかせるためのテープも貼ることができます。

 

■骨格矯正

慢性的に肩こりや腰痛に悩んでいる方でも、筋肉を緩めて終わりではなく、骨格を整えることによって安定して筋肉を使えるようになります。
お身体の状態に合わせて骨盤や脊柱等に直接アプローチを行い、骨格を正常な位置へ戻すことにより筋肉や神経にかかる余分な負荷を減らすことを目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜に対して特殊な器具を用いてストレッチをかけることにより、組織に加わっている余分な圧力を抜き、体液循環を促す効果が期待できます。
圧力を抜くことにより、痛みが抜けやすく可動域を広げることが望めます。

■温熱療法

硬くなることによって動きが悪くなってしまった関節や血液循環が悪くなっている筋肉に対して温熱を加えることにより疼痛の緩和や筋緊張の改善を目指します。
炎症症状が落ち着いたケガに関しては温熱を加え、組織の代謝と回復を促します。

著者 Writer

著者画像
院長:黒須龍之介(クロスリュウノスケ)
出身地:北海道函館市
生年月日:平成8年2月13日
趣味:休日は野球をしています!
【患者さんに一言】
今を良くして10年後を元気に過ごしましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ北習整骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-49-15
最寄:北習志野駅から徒歩5分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中