股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 立ち上がり時に股関節に痛みがある

  • 足の付け根が痛くて正座ができない

  • 股関節の痛みが増してきて
    不安だ

  • 股関節の痛みを自分でもケア
    したい

股関節の痛みは早急にケアしましょう

立ち上がりや歩行、しゃがむ際に足の痛みを感じていませんか。

 

股関節の不調は、場合によっては元に戻すことが難しいことがあります。

なるべく早めにケアを始めましょう。

 

こちらのページで股関節痛の原因と対策についてまとめていますので、
ぜひ最後まで目を通してみてください。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

股関節に痛みが生じる主な原因について

股関節は骨盤と大腿骨(太ももの骨)から構成される関節です。
体重を支える重要な関節であり、「立ち上がる」「しゃがむ」「歩く・走る」といった日常生活で常に負担がかかる部位です。

関節は一生に一個しかありません。
痛みの症状の悪化や、損傷が広がる前のなるべく早い段階で対処することが重要です。

股関節への適切なケアを行うためにも、まずこちらで「股関節が痛くなる原因」について詳しく確認していきましょう。


【関節軟骨のすり減り(変形性股関節症)】


関節面を覆う関節軟骨が摩耗すると、関節の変形や痛みを生じる場合があります。
長年の使用に加え、加齢によって関節軟骨の弾力性が低下してくるために「中高年」の発症が多くみられます。

また、関節を支える筋肉量が少ないことと、ホルモンの影響で関節が緩みやすくなることから、性別では女性の方が起こりやすいとされています。
股関節の負担が増える要因としては、「体重」「股関節の柔軟性の低下」も挙げられます。

 

・股関節の痛みは全身への影響もある

痛みだけではなく変形によって関節の動きも悪くなるため、「歩き方」にも影響を及ぼす場合があります。
また症状を放置することで、骨盤のゆがみによる腰痛足首などの痛みに繋がってくるおそれもあります。

 

【お尻の肉離れ】

 

お尻の肉離れをした際、股関節の痛みに繋がる場合があります。
また、走り込みによるオーバーユースで股関節まわりの筋緊張が強まると、足の付け根に痛みを生じることがあります。

 

【婦人科系の病気】


子宮筋腫、卵巣嚢腫といった婦人科系の病気がある場合、下腹部から股関節の痛みを生じることがあります。

変形性股関節症の症状や対処法について

股関節の痛みとしてもっとも多い症状は「変形性股関節症」と言われています。
こちらでは、変形性股関節症をメインに、症状や日常でできる対策について詳しくご紹介していきます。

 

【変形性股関節症について】

 

関節面を保護している関節軟骨がすり減り、骨同士が直接ぶつかることで関節内に炎症を起こした状態になります。
中高年の女性に発症しやすいとされています。

初期段階の症状としては「立ち上がり」「歩き始め」といった動作開始時に股関節の違和感を覚えるが多くみられます。

しかし、症状を放置することで炎症と変形が進行し、動作時だけではなく安静時にも痛みが出てしまうおそれがあります。

 

【変形性股関節症への対処法】

 

初期の段階で股関節の負担をなるべく減らし、症状を進行させないことが重要です。

 

・運動量を減らす

スポーツをされている方は股関節の負担を減らすためにも、痛みやこわばりを感じましたら運動量を減らすようにしましょう。

 

・杖を使う

見た目に抵抗を感じなければ、杖を使うことで股関節の負担を軽減できます。
また、立ち上がりしゃがむ際には手すりや壁に手をついて、なるべく股関節に負担がかからないようにしましょう。

 

・水中ウォーキング

股関節の負担を減らしながら股関節周辺の柔軟性、筋力をつけていくには「水中ウォーキング」がおすすめです。
水泳もよいのですが、股関節に負担のかかりやすい平泳ぎは避けるようにしましょう。

 

 

【変形性股関節症の予防法】

 

・体重を減らす

体重はそのまま股関節への負担となってしまいます。
股関節の負担を軽減するためにも、減量することが大切です。

 

・ストレッチ

股関節の負担を減らすためにも、普段からお尻まわりの筋肉をストレッチによって柔らかくしておきましょう。

 

・スクワット

股関節を支える筋肉をつけるためにも、スクワットでお尻股関節まわりを鍛えておきましょう。

ジェッツ北習整骨院の【股関節痛】アプローチ方法

元々の股関節の変形や、運動時に痛めてしまうケース、筋力や柔軟性が低下することによる動きの代償動作などで痛めることがあります。

これらを改善させるために「骨格矯正」を行うことで正しい位置に戻るよう促します。
その上で筋バランスを整え、正しい使い方と柔軟性の向上を目指します。

特に「骨格矯正」では骨盤から大腿部にかけての調整を行い、アライメントの修正もまた、炎症症状が強い場合に関しては「ハイボルト療法」を行うことで疼痛の改善を促します。

 

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を身体に流し、ピンポイントで痛みの原因となっている深部にアプローチができる施術法です。
痛みを早く取り除きたい症状から慢性症状まで幅広く活用できます。
痛みの原因がわかるだけでなく、筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑える作用が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

特定の部位を押圧刺激を加えることにより、体調や諸症状の改善を図る施術です。
施術後も症状の軽減を維持する為に、パイオネクスゼロというステンレスの突起の着いたテープを貼り持続した押圧刺激を加えることもあります。

 

■テーピング

日常生活やスポーツの場面における関節や筋肉のサポートを行います。
また、筋肉の補助・サポートだけでなくお身体の状態にあわせてバランスを整えるテーピングや腫れをひかせるためのテープも貼ることができます。

 

■骨格矯正

慢性的に肩こりや腰痛に悩んでいる方でも、筋肉を緩めて終わりではなく、骨格を整えることによって安定して筋肉を使えるようになります。
お身体の状態に合わせて骨盤や脊柱等に直接アプローチを行い、骨格を正常な位置へ戻すことにより筋肉や神経にかかる余分な負荷を減らすことを目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜に対して特殊な器具を用いてストレッチをかけることにより、組織に加わっている余分な圧力を抜き、体液循環を促す効果が期待できます。
圧力を抜くことにより、痛みが抜けやすく可動域を広げることが望めます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足からふくらはぎ、膝の裏にかけての老廃物の排出を行い、むくみ・冷えの改善だけでなく、重心バランスや足首のズレの改善を目指し、腰の痛みの予防も行います。
座っている時間の多い方、冷え性・むくみやすい方におすすめです。

 

■カッピング

真空状態のカップを皮膚に直接当てて吸い上げることにより、慢性的な肩こり、腰痛、むくみ、冷えの改善に効果が期待できます。
他の施術とは違い、身体の表面から外へ向かっての刺激を加えているのも特徴の一つです。

 

■温熱療法

硬くなることによって動きが悪くなってしまった関節や血液循環が悪くなっている筋肉に対して温熱を加えることにより疼痛の緩和や筋緊張の改善を目指します。
炎症症状が落ち着いたケガに関しては温熱を加え、組織の代謝と回復を促します。

著者 Writer

著者画像
院長:黒須龍之介(クロスリュウノスケ)
出身地:北海道函館市
生年月日:平成8年2月13日
趣味:休日は野球をしています!
【患者さんに一言】
今を良くして10年後を元気に過ごしましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ北習整骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-49-15
最寄:北習志野駅から徒歩5分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中