骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 骨折か打ち身か判断できない

  • 転倒した後、手首が変形して腫れてきた

  • サッカーで激しく交錯し、足の骨が折れて
    しまった

  • 骨折後の正しい処置方法を知りたい

骨折の対処法、予防法についてしっかり知っておきましょう

骨折はスポーツはもちろん、転倒や転落、事故によって日常生活でも発生する可能性はあります。

早期回復を目指すためには、適切な処置が大切です。

 

こちらのページでは、骨折の原因や症状、処置方法について詳しくまとめてあります。

 

予防方法についてもご紹介していますので、
スポーツ選手や高齢者など骨折のリスクの高い方はぜひご参考ください。

骨折改善メニュー Recommend Menu

骨折の種類や原因、症状について

骨折は骨が傷ついた状態をいい、完全に折れて離れたもの(完全骨折)はもちろん、ヒビや一部が欠けたもの(不全骨折)も骨折です。
骨折は他の外傷と比較して痛み、腫れが強く出やすいため、素早い処置が求められます。

こちらでは、骨折の種類や原因、症状について詳しくご紹介していきます。
骨折の見分け方についてもご紹介していますので、ぜひご確認ください。

 

【骨折の種類】

 

・外傷性骨折

一度の強い外力によって骨折したものになります。
コンタクトスポーツや日常生活における衝突転倒交通事故などが原因として挙げられます。

 

・疲労骨折

繰り返しの外力によって骨折したものになります。
ランニングジャンプ動作の繰り返しによる足の疲労骨折、ゴルフスイングによる肋骨の疲労骨折などが挙げられます。

 

・病的骨折

骨が病気によって弱くなり、通常では骨折を起こさないような非常にわずかな外力によって骨が折れてしまったものになります。
骨が弱くなる原因としては骨粗鬆症骨腫瘍がんの骨転移などが挙げられます。

 

【骨折の固有症状】

 

疼痛、腫脹(腫れ)、機能障害といった一般外傷症状に加えて、骨折には次のような固有症状がみられることがあります。


・異常可動性

骨が完全に折れた場合、関節以外の場所で骨が大きく動くことがあります。

・軋轢音

折れた骨同士がぶつかることで、軋轢音を触知できる場合があります。

・転位と変形

折れた骨が移動(転位)し、外観にも変形がみられることがあります。

また、次のような全身症状がみられる場合もあります。

・ショック症状

大量の内出血がみられる場合、全身の循環バランスが急激に崩れショック症状があらわれることがあります。
顔面蒼白、チアノーゼ、頻脈冷や汗虚脱などが主な症状として挙げられます。

・発熱

損傷した組織や血腫が吸収される際、「吸収熱」と呼ばれる全身の発熱症状(37〜38度)がみられる場合があります。

 

【骨折を鑑別するポイント】

 

これだけで骨折と断定はできませんが、骨折を見分けるポイントは次のことがあります。

・介達痛(振動、軸圧、牽引)

患部から離れた箇所より振動や軸圧、牽引を加えると、骨折部分に痛みが響く場合があります。

 

・限局性圧痛

骨折した箇所に限局した強い圧痛がみられます。
骨実質や骨周辺には知覚神経が豊富に走っているため、骨折の痛みは他の外傷と比較して強めに出ることが多いです。

 

【骨折の併発症】

 

骨折を起こした外力や、骨折端、骨片によって周辺の組織を損傷してしまうケースがあります。

・筋肉、腱などの軟部組織損傷
・末梢神経損傷
・血管損傷

など。

また関節面(関節軟骨)を損傷した場合、骨癒合後も関節の動きに制限が残るケースもあります。

骨折をした際の処置方法と日常でできる対策について

スポーツや日常生活で骨折の症状が疑われる場合、どのような対処をしていけばよいのでしょうか。

こちらでは、急性外傷に重要な「RICE処置」を中心に、骨折の対処法について詳しくご紹介していきます。

合わせて「日常でできる骨折の対策」についてもご紹介していますので、ぜひご参考ください。

 

【RICE処置】


骨折が疑われる場合、早急に「RICE処置」を行いましょう。

・Rest(安静)

損傷を悪化させないためにも、患部を安静にしてなるべく動かさないようにします。

・Icing(冷却)

内出血、腫脹を抑えるために、患部を袋に入った氷水で冷却します。

・Compression(圧迫)

腫脹が広がらないように、患部を包帯やバンテージによって圧迫します。

・Elevation(挙上)

内出血を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

RICE処置を行いましたら、なるべく早く医療機関、接骨院・整骨院に行き、適切な処置(整復・固定)を受けるようにしてください。
※安静も大事ですが、骨折部以外の関節はなるべく動かしたほうが循環がよくなり、回復が早くなると言われています。

骨折を放置することで痛みや腫れが長引くだけではなく、骨の変形や関節の動かしにくさが残ってしまうおそれもあるのでご注意ください。

 

【日常でできる骨折の対策】


ケガの予防として、スポーツでは無理な接触を避けるようにしましょう。
また、コンタクトスポーツや足腰の弱った高齢の方は転倒によって骨折のリスクが高まってしまいます。

体幹部足腰の筋力トレーニング片足立ちのバランストレーニングなどの転倒しにくい身体作りが骨折の予防として大切です。

 

【骨折の治癒過程】

 

・炎症期

炎症が強く出て、患部が腫れてくる時期になります。

 

・修復期

仮骨形成期、仮骨硬化期を経て骨の修復が開始される時期になります。

 

・リモデリング期

仮骨が本来の骨に再造形される時期になります。

ジェッツ北習整骨院の【骨折】アプローチ方法

当院での骨折の施術は、患部をエコーや検査で確認をし、骨折が疑われる場合は整復(骨の位置を整える)を行い、固定を施します。
その後、医療機関にてレントゲンを撮り医師の診断の元、当院で加療(リハビリ)を行うことも可能となります。

骨癒合を早めたり、固定期間による関節の可動域を広げる為に、温熱療法や超音波治療を施し組織の早期回復を目指しリハビリテーションを行います。

 

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

スポーツの場面や日常生活におけるケガ(骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲)に関しては、健康保険を使って施術を行うことができます。
電気療法や温熱療法、ケガをした箇所の施術に関しましてはこちらの対応になります。

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を身体に流し、ピンポイントで痛みの原因となっている深部にアプローチができる施術法です。
痛みを早く取り除きたい症状から慢性症状まで幅広く活用できます。
痛みの原因がわかるだけでなく、筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑える作用が期待できます。

 

■特殊固定具

骨折や重度の捻挫などをした際に、疼痛のある患部を動かさないように、支持・固定を行うものになります。
患部にあわせて形成をすることができるため、しっかりと安定した固定を行うことができます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜に対して特殊な器具を用いてストレッチをかけることにより、組織に加わっている余分な圧力を抜き、体液循環を促す効果が期待できます。
圧力を抜くことにより、痛みが抜けやすく可動域を広げることが望めます。

 

著者 Writer

著者画像
院長:黒須龍之介(クロスリュウノスケ)
出身地:北海道函館市
生年月日:平成8年2月13日
趣味:休日は野球をしています!
【患者さんに一言】
今を良くして10年後を元気に過ごしましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ北習整骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-49-15
最寄:北習志野駅から徒歩5分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中