四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 痛みで腕が挙げられない

  • 夜中になると肩の痛みが強く
    なる

  • 四十肩・五十肩を予防したい

  • 肩の強い痛みを少しでも早く
    改善したい

肩を挙げた時の痛みで悩まれていませんか

四十肩・五十肩は中年期に多く発症すると言われ、肩の強い痛みの症状が出ることがあります。

 

痛みを改善していくためには、時期に合わせた適切なケアが重要になってきます。


四十肩・五十肩の原因と対策について詳しくまとめていますので、
ぜひ最後まで目を通してみてください。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩の原因と症状について

四十肩・五十肩は正式名称を「肩関節周囲炎」と呼び、肩まわり(筋肉、靭帯、関節包など)の強い炎症症状になります。

なぜ、突然肩に炎症が起きてしまうのでしょうか。

四十肩・五十肩を正しくケアしていくために、原因や症状についてしっかりと確認していきましょう。

 

【四十肩・五十肩の原因】


肩関節に炎症が起こる原因は現在のところはっきりとわかっていません。
しかし、「肩の柔軟性の低下」「循環不足」「筋・腱の衰え」から起きているのではないかと考えられています。

・猫背姿勢

背中の丸まった猫背姿勢では首肩まわりが緊張し、血管が圧迫されやすくなります
血液による栄養が肩まわりに十分運ばれなくなるため、炎症が広がってしまうと考えられます。

 

・骨格のゆがみ

骨格のゆがみによって姿勢は崩れやすくなり、首や肩への負担が増し、こりの症状や炎症のといった症状に繋がる場合があります。
また、肩が内側に入った「巻き肩」も、肩周辺に負担がかかってくると考えられます。

 

・加齢、ケガによる筋肉の衰え

加齢によって筋肉の水分量が減少すると、弾力性が失われてきます。
また、外傷後の処置が十分でなかった場合も筋力が低下しやすくなります。

衰えてかたまった筋肉、腱が日常生活動作で損傷し、炎症を起こしてしまうことが考えられます。

 

 

【四十肩・五十肩の症状】

 

四十肩・五十肩の主な症状は自発痛(夜間痛)と可動域制限になります。

・夜間痛

夜中に痛みが強くなる症状です。

・可動域制限

挙上捻り動作(髪を結ぶ、帯を結ぶなど)で強い痛みが生じ、運動に制限がみられます。

 

【肩こりとの違い】

 

肩こりは「疲労物質の蓄積」になりますので、炎症症状のある四十肩・五十肩とは別物になります。
こり感がきつくなると痛みが出る場合はありますが、肩こりでは夜間痛可動域制限はみられません。

四十肩・五十肩の対処法と日常でできる予防法について

肩の挙上痛、夜間痛がみられる場合、どのようなケアを行うことが適切なのでしょうか。

四十肩・五十肩は焦らず「急性期」「慢性期」「回復期」といった症状の時期に合わせた対処が重要です。

日常的にできる四十肩・五十肩の予防方法についてもご紹介していきますので、ぜひご参考ください。

 

【急性期の対処法】

 

炎症と痛みが強く出る時期になります。
痛い動きはなるべく避け、湿布を貼ったり氷水で冷やしたりして炎症を抑えていくことが大切です。

夜間痛がきつくて眠れない場合、「痛い肩を上にして寝る」「枕やクッションで肩の高さを調整する」ことで痛みがやわらぐ場合があります。

 

【慢性期の対処法】

 

急性期の激しい痛みから徐々に、鈍い痛み、つっぱったような痛みへと変化してきます。
この時期からは反対に温めるようにし、痛みのない範囲でストレッチを行い柔軟性を高めていきましょう。

痛みはまだありますが、安静にしすぎると拘縮が強く残ってしまうおそれがあります。
※痛みが強い場合は休むようにしてください。

 

【回復期の対処法】

 

徐々に痛みと可動域制限が取れてくる時期になります。
半年〜12ヶ月ほどが目安ですが、個人差があり症状が長引く方もいらっしゃいます。

その場合も患部を温めて根気強くストレッチを続けていきましょう。

 

【日常でできる予防法】

 

・姿勢の改善

猫背は首肩周りの緊張を強めてしまいます。
特に長時間のデスクワークの方は知らず知らずのうちに姿勢が崩れてしまっている場合が多くみられます。
画面を目線の高さに合わせる、正しい姿勢に注意し、普段より胸を張った姿勢を心がけるようにしましょう。

 

・肩まわりの筋力トレーニング

肩の筋力が低下している場合、筋肉に炎症が起こりやすくなると考えられます。
水の入ったペットボトルを使い、三角筋(肩を外側にあげる動き)、上腕二頭筋(肘の曲げ伸ばし)など肩周辺の筋力トレーニングを行いましょう。

 

・ストレッチ

ストレッチによって肩まわり、肩甲骨まわりの柔軟性をつけ、肩関節に負担がかからないよう普段からケアしておきましょう。

ジェッツ北習整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

四十肩・五十肩は「肩関節周囲炎」と呼ばれ、特になにか捻ったりした訳ではないが急に強く痛みが出て肩が上がらなくなったり、夜寝てる間に痛みが強くなるなどの症状が出やすいです。

当院では四十肩・五十肩に対して「ハイボルト療法」「超音波療法」を使って施術を行っています。
肩関節に強い炎症がみられる際にはハイボルト療法を行い、
炎症の鎮静化を目指します。

また、四十肩・五十肩は骨格のゆがみも出ていることが多いので、肩甲骨や肋骨の動きを作ることにより、肩関節本来の動きの補助ができるように「骨格矯正」「関節調整」を行います。

いわゆる猫背の方は四十肩・五十肩になりやすかったり、外側上顆炎にも繋がりやすいため、日常生活やトレーニングアドバイスも行っています。

 

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を身体に流し、ピンポイントで痛みの原因となっている深部にアプローチができる施術法です。
痛みを早く取り除きたい症状から慢性症状まで幅広く活用できます。
痛みの原因がわかるだけでなく、筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑える作用が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

特定の部位を押圧刺激を加えることにより、体調や諸症状の改善を図る施術です。
施術後も症状の軽減を維持する為に、パイオネクスゼロというステンレスの突起の着いたテープを貼り持続した押圧刺激を加えることもあります。

 

■テーピング

日常生活やスポーツの場面における関節や筋肉のサポートを行います。
また、筋肉の補助・サポートだけでなくお身体の状態にあわせてバランスを整えるテーピングや腫れをひかせるためのテープも貼ることができます。

 

■骨格矯正

慢性的に肩こりや腰痛に悩んでいる方でも、筋肉を緩めて終わりではなく、骨格を整えることによって安定して筋肉を使えるようになります。
お身体の状態に合わせて骨盤や脊柱等に直接アプローチを行い、骨格を正常な位置へ戻すことにより筋肉や神経にかかる余分な負荷を減らすことを目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜に対して特殊な器具を用いてストレッチをかけることにより、組織に加わっている余分な圧力を抜き、体液循環を促す効果が期待できます。
圧力を抜くことにより、痛みが抜けやすく可動域を広げることが望めます。

 

■カッピング

真空状態のカップを皮膚に直接当てて吸い上げることにより、慢性的な肩こり、腰痛、むくみ、冷えの改善に効果が期待できます。
他の施術とは違い、身体の表面から外へ向かっての刺激を加えているのも特徴の一つです。

著者 Writer

著者画像
院長:黒須龍之介(クロスリュウノスケ)
出身地:北海道函館市
生年月日:平成8年2月13日
趣味:休日は野球をしています!
【患者さんに一言】
今を良くして10年後を元気に過ごしましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ北習整骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-49-15
最寄:北習志野駅から徒歩5分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中