脱臼でお悩みの方へ

脱臼によくある症状

  • 転倒して手をついた際、肩を脱臼してしまった

  • あくびをした後に口が閉じなくなってしまった

  • 脱臼の正しい処置方法を知り
    たい

  • 関節が外れやすいので予防
    したい

脱臼は素早い処置と予防が大切です

脱臼はスポーツ現場や日常生活での転倒、事故によって発生しやすくなっています。

 

早期回復を目指すためには適切な処置行うことや、
脱臼は再発しやすい症状になるため日常的に予防を行うことも大切です。

 

こちらのページでは、脱臼の症状や原因、処置方法について詳しくまとめてあります。
脱臼を早く良くしたい方日常で脱臼を予防したい方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

脱臼改善メニュー Recommend Menu

脱臼の種類、症状、原因について

脱臼は関節を構成する骨が、関節面からずれてしまった状態を言います。
関節周辺の組織を大きく損傷してしまうため、受傷後は適切な処置をしていくことが重要です。

こちらでは、まず脱臼の種類や症状、原因についてしっかりと確認していきましょう。

 

【脱臼の種類】


・外傷性脱臼

関節が正常な可動域を越えて大きく動かされ、外れてしまったものになります。
コンタクトスポーツにおける転倒、「テニスのサーブ」「柔道の背負い投げ」といった関節を強く捻る動作によって発生しやすくなっています。

また日常生活においても、転倒して手をついた際に肩関節が外れたり、大きなあくびをした際に顎関節が外れたりしてしまうケースもあります。

 

・病的脱臼

関節の病的な変異によって、通常では脱臼を起こさないような非常に弱い外力、もしくは外力なしで脱臼してしまったものになります。

 

・拡張性脱臼

関節内の炎症によって滲出液がたまり、関節が拡張してしまうことで脱臼したものになります。
関節に炎症を起こす要因としては、股関節結核骨髄炎急性化膿性股関節炎などが挙げられます。

 

・麻痺性脱臼

麻痺によって関節を支える力が弱くなり、脱臼したものになります。
脳血管障害による片麻痺脳麻痺神経麻痺などが挙げられます。

 

・破壊性脱臼

リウマチによる関節破壊によって、脱臼してしまったものになります。

 

【脱臼の程度による分類】


・完全脱臼

関節を構成する骨が関節面から完全にずれ、離れてしまったものになります。


・不全脱臼(亜脱臼)

関節の骨の位置が、部分的にずれてしまったものになります。

 

【脱臼の症状】


<一般外傷症状>


・疼痛

・腫脹(関節血腫)

内出血によって患部が腫れてきます。

・機能障害

通常の関節運動ができなくなります。

 

<脱臼の固有症状>


・弾発性固定

関節が脱臼した位置で固定された状態をいいます。
関節を他動的に動かそうとしても反発されるか、動いたとしてもまた脱臼した位置に戻ろうとする特徴があります。


・関節の変形

関節がずれることで、外観にも変形がみられます。

脱臼は一度起こすと関節の構造が破壊されたり、靭帯が緩んでしまったりすることで不安定性が残り、再発しやすいとされています。

脱臼の処置法と日常でできる予防方法について

「関節の変形」「弾発性固定」といった脱臼に特徴的な症状がみられた際、どのような対処をしていけばよいのでしょうか。

応急処置(RICE処置)を中心に、脱臼の対処と予防方法についてこちらで詳しくご紹介します。

 

【RICE処置】


急性の外傷(ケガ)には、早急にRICE処置を行いましょう。

・Rest(安静)

血管、靭帯、関節包といった関節周辺の損傷を悪化させないためにも、患部をなるべく動かさないようにします
包帯バンテージによって固定したり、三角巾で腕を吊るしたりして関節に負担がかからないようにしましょう。

・Icing(冷却)

内出血、腫脹を抑えるために、患部を袋に入った氷水で冷却します。

・Compression(圧迫)

腫脹が広がらないように、患部を包帯バンテージテーピングによって圧迫します。

・Elevation(挙上)

内出血を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

RICE処置を行いましたら、なるべく早急に医療機関、接骨院・整骨院に行って適切な処置を受けるようにしてください。
処置が遅くなるほど関節を元に戻しにくくなり、回復にも時間がかかってしまうことが考えられます。

 

【日常で行える脱臼の対策方法】

 

・テーピング

関節に負担がかかることで、脱臼しやすくなります。
運動肉体労働で身体を使う場合、関節をテーピングで固定しておくと脱臼の予防になります。

 

・関節まわりの筋力強化

長期間の固定によって、関節の柔軟性と筋力が低下しやすくなります。
痛みの様子をみながら、関節まわりの筋力強化をするようにしましょう。

ジェッツ北習整骨院の【脱臼】アプローチ方法

整骨院では脱臼に対して応急処置を施すことができます。
カウンセリングを行い、外れた関節を手技により正しい位置に整復し、固定を行います。
その後、医療機関のご紹介をさせていただきます。

当院のリバビリでは痛みのある関節とそれに伴った筋肉へのアプローチ(ハイボルト療法や筋膜ストレッチ)、バランスを整える施術を行い早期回復を目指します。

脱臼はご自身で無理矢理動かしてしまうと関節周囲の軟部組織を痛めてしまう場合がありますので、ご注意ください。

 

【脱臼に対する施術方法】

 

■保険施術

スポーツの場面や日常生活におけるケガ(骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲)に関しては、健康保険を使って施術を行うことができます。
電気療法や温熱療法、ケガをした箇所の施術に関しましてはこちらの対応になります。

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を身体に流し、ピンポイントで痛みの原因となっている深部にアプローチができる施術法です。
痛みを早く取り除きたい症状から慢性症状まで幅広く活用できます。
痛みの原因がわかるだけでなく、筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑える作用が期待できます。

 

■特殊固定具

骨折や重度の捻挫などをした際に、疼痛のある患部を動かさないように、支持・固定を行うものになります。
患部にあわせて形成をすることができるため、しっかりと安定した固定を行うことができます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜に対して特殊な器具を用いてストレッチをかけることにより、組織に加わっている余分な圧力を抜き、体液循環を促す効果が期待できます。
圧力を抜くことにより、痛みが抜けやすく可動域を広げることが望めます。

著者 Writer

著者画像
院長:黒須龍之介(クロスリュウノスケ)
出身地:北海道函館市
生年月日:平成8年2月13日
趣味:休日は野球をしています!
【患者さんに一言】
今を良くして10年後を元気に過ごしましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ北習整骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-49-15
最寄:北習志野駅から徒歩5分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ北習整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ北習整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中